在宅医療(訪問診療)について

酒井院長の顔写真

在宅医療は、高齢の方やがんにかかっている方、障がいをお持ちの方等、様々な理由で病院や診療所に通えず、自宅で療養されたい方に医療を提供できるサービスです。

訪問診療は医師が自宅を訪問して、主に治療を中心に患者様に接することで、患者様の健康状態の把握、検査、患の治療、投薬、緩和ケア等を行います。

筋力の低下や歩くと呼吸が苦しい等で病院に通えない方、人工呼吸器や尿道留置カテーテルがある方、がんにかかっており自宅で緩和ケアを受けたい方等、いらっしゃいましたらお気軽に当院にご相談ください。

さかい総合内科クリニック 院長 酒井 俊(さかい たかし)

当院では、24時間365日チームで支援しています。

当院は、「訪問診療」と「往診」を組み合わせる事で24時間の診療体制を確保しております。またインターネットを用いた情報共有ツール(ICT)を用いて訪問看護、薬局、老人ホーム等と常にやり取りをすることで、患者様を24時間365日支える体制を整備しております。

対象となる方

  • 自力での通院が困難な方
  • 自宅等で療養を希望されている方
  • 当院より車で30分圏内の方

診療内容

対応可能な医療内容

  • 胃ろう
  • 腸ろう
  • 在宅酸素
  • 人工呼吸器
  • 気管切開
  • 人工肛門
  • 中心静脈栄養
  • 重度意識障害
  • 痰の吸引
  • 認知症
  • 指定難病
  • 床ずれ
  • 尿道留置カテーテル
  • 在宅看取り
  • 在宅がん緩和ケア など

入院が必要な場合

あらかじめ指定した病院に登録することで、緊急時にスムーズな入院できるようにしております。かかりつけの病院がある場合は、事前に相談・調整をさせて頂きます。

入院に関するイメージ図
入院に関するイメージ図

診療費用

在宅医療は医療保険が適用となります。

医療費の自己負担上限額は外来診療と同じになります。

費用は、訪問回数や検査・処置の有無、本人の病状等により異なります。詳細は、相談員にお尋ねください。

1か月あたりの医療費の目安

例)月2 回訪問診療を実施した場合

1割負担 約 5,500 円~

※検査、往診、交通費は含まれておりません。

訪問診療・往診について

  • 訪問診療・往診は、1回ごとに費用が掛かります。
  • 往診は、時間帯(夜間・休日等)によって費用が異なります。
  • 訪問診療・往診ごとに交通費(保険外)が掛かります。
    (1km=50円で往復計算)
  • 24時間体制で医学管理を行うことから月一回「在宅時医学総合管理料」が掛かります。

医療費の自己負担上限額について

  • 自己負担上限額は年齢や所得等に応じて異なります。
  • 「限度額適用認定証」を提示して頂くことで、窓口での支払いを自己負担上限額までにとどめることができます。
  • 70歳以上の方の自己負担上限額は、約8,000~18,000円となります。※現役並み所得の方は除きます。
  • 70歳未満の方は、年収に応じて自己負担上限額が異なります。
    詳細は、相談員にお尋ねください。

障がいや特定疾病をお持ちの方

  • 指定難病による医療助成対象の方は、自己負担割合が基本2割となります。
    ※元々自己負担割合が1割の方は、そのままとなります。
    ※人工呼吸器装着の方は、自己負担上限額が1,000円となります。
  • 重度心身障害者医療費助成制度適用の方は、自己負担割合が基本1割となります。
    ※対象条件については、各市町村ホームページ等でご確認頂くか、相談員にお尋ねください。

お支払いについて

お支払いは、当院窓口にてお願い致します。

窓口でのお支払いが難しい場合は、事前にご相談ください。

※診療をスムーズに行うため、訪問診療時の支払いはご遠慮頂いております。

訪問診療を始めるには

ご用意頂くもの

必ずご用意頂くもの

  • 健康保険証(または医療券)

必要に応じてご用意頂くもの

  • 医療費助成制度における受給者証
  • 介護保険証
  • 障害者手帳
  • お薬手帳
  • 診療情報提供書
  • 介護状況、利用サービスがわかる情報

お薬について

お薬は、院外処方となっております。

当院より処方箋を発行致します(原則有効期限4日間)ので、お近くの保険調剤薬局(以下、薬局)でお薬を受け取ってください。

薬局まで行くことが難しい場合は、ご自宅まで薬剤師が訪問し服薬指導と配達を行っている薬局(保険適用サービス)もございますので、ご相ください。